巻き爪ロボを使うとなぜ巻き爪が治るの?矯正に痛みは?-巻き爪ロボの評判はどう?…≪本当の評価≫

巻き爪ロボを使うとなぜ巻き爪が治るの?矯正に痛みは?

「巻き爪ロボ」を用意しておけば、一日わずかの時間を利用して自分で矯正を行うことができます。

自宅での矯正が手軽にできることはもちろん、30分という短時間で治ることでも注目されており、長年の痛みから瞬時に開放されるということでも評判です。

この巻き爪矯正器のキットを利用してなぜ治るのかも知っておきたいですが、その一つにはお湯を使うということがあげられます。

髪の寝ぐせを直す時などはお湯で濡らしてから行うと効果的ですが、爪の場合も温浴効果で柔らかくすることができ、より矯正が手軽に行えるようになります。

温浴効果で爪が柔らかくなると手軽に爪の形を変えられるようになりますが、その反面、元に戻りやすくもありますので、後戻りを防ぐ工夫も必要です。

矯正した爪を元の形に戻さず、その形を定着させるためには矯正が終わったあとにしっかりと乾かしておくことも大切です。

この際は髪を乾かすのに役立つドライヤーを利用すれば短時間で乾かすことができ、その後元の爪の固さに戻すことがっできます。

初心者の方は使い方が難しいのではと気にしている人もあるかもしれませんが、装着も爪の両端にフックをかけるだけですし、その後はお湯に足をつけて爪を柔らかくし、ゆっくりとツマミを回して矯正していきます。

その後はドライヤーで乾かすだけですので、自宅にあるもので対応でき、特別な薬剤なども必要ありません。

巻き爪を矯正する際に気になるのはやはりその痛さではないでしょうか。いくら手軽に治るとはいえ、痛みが強いと効果的な矯正を行うのは難しくなってしまいます。

「巻き爪ロボ」は爪を柔らかくしてからの矯正ですし、切ったり、穴を開ける作業などもありませんので、痛みの心配もまく、安心して矯正できるものとなっています。

そして、効果的に矯正するためには、まずは自分の巻き爪のタイプを知っておくことも大事です。

巻き爪にも様々なタイプがあり、片側が大きく変形している、左右で厚みが極端に違うという人はBタイプを選ぶことがおすすめです。

こちらは左右非対称のフックとなっており変形の大きな方や爪の厚い方を約2倍の力で持ち上げられるのが特徴的です。

そして左右がほぼ対象、厚みも同じぐらいの湾曲がある、巻き込みが深いなどの場合はAタイプがおすすめです。

こちらは両端を均等な力で持ち上げることができ初期の症状から重度な症状まで幅広く対応することができます。

そしてどちらの要素もある、どちらを選んで良いのかわからないという人はABセットも用意されていますので、症状に合わせて最適な矯正を選びましょう。

矯正が終わった爪は爪と肉の間の隙間が大きくなりますが、このために爪には肉の支えもなく、後戻りがしやすい状態になっています。

素の後戻りを防ぐための巻き爪ブロックも用意されていますので、こちらも「巻き爪ロボ」と合わせて使うことがおすすめです。